07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

○ 春の愛馬見学 NF早来前編 ○

2010.05.25 (Tue)

10.0525.04
少し風が出てきたが、心地良い

More・・・

午後1時30分の予定も、10分程早く到着!

ここでは、検討馬2頭を含め9頭の見学です。

今回のご案内の方はKさん。

やはり、募集馬のお話です。

ブエナビスタの見事な勝ちで更に妹の価値が上がりました。

後はアンブロワーズ、マリアヴァレリアの子の状況を聞き見学へ...

まずは、岡厩舎。

ここは1頭でアフロディーテ

10.0525.05

この子なりの順調ですが、はやり血統なのでしょうか?

ちょっと強い所を行うと痛い所が出るようで長い目が必要なようです。

スタッフの方も、「これくらいの調教しかしていないのにこの見栄えする馬体。

素質はかなりのものがあると思いますが、兄弟と同じで時間がかかります」とのこと...

10.0525.06

お嬢様血統なので、ゆっくり待つしかないですが

最低でも来年の今頃はデビューしてほしいのだが....

母レディブロンドはこの下全妹を産んで他界、父タキオンも他界。。。

その全妹は、体質が弱く今年は募集されないという事です。

なので、競走馬としてはこの子が最後の産駒。

亡き、父母の為にも代表産駒になるような活躍を期待したい。

厩舎を移動して、林厩舎へ

10.0525.07

いつもながら、猫ちゃんが迎えてくれます。

ここには休養中のポトリ兄弟の見学。

運動をしていないので、外に出すと暴れる?ので厩舎内での見学です。

まずは、弟バルトーロ

10.0525.08

バランスの良い良い馬体をしておりまが、

中間、右トモ飛節の腫れがまだありダグでの調整です。

この馬が未だ未勝利とは思えません。

10.0525.09

育成時はローズキングダムよりこちらが走ると

厩舎長も言っていましたから今後に期待します。

多分、北海道での復帰ではないかとの事です。

夏の上がり馬となり秋には大舞台に出走している事を願う。

続きまして、兄マゼラン

相変わらず、迫力のある大型の馬体。

細胞注入の手術は行わず、自然治療のようです。

兄クルサードも屈腱炎で引退したので、ここはじっくり時間をかけてほしいものです。

10.0525.10

Kさん曰く「今年の天皇賞なら、好勝負だったでしょうねぇ~」

その言葉を聞くと非常に残念ですが、天皇賞は来年もありますので...

厩舎を移動して、日下厩舎へ....


・・・To be continued
10:00  |  牧場  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://leon0422.blog105.fc2.com/tb.php/833-def3cc69

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |