09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

○ 今年のクラシック ○

2010.03.08 (Mon)

ローズキングダムの強敵は角居厩舎?
日曜日のアルメリア賞、弥生賞が終わり
 
ルーラーシップ、ビクトワールピサの強さを改めて思い知らせれるレースでした。

まずはルーラーシップ。

中間一頓挫あり、不安説が先行しながらの出走でしたが

レースでは、道中良い感じで折り合いがつき直線に入り

いざ追い出しにかかる時に、外の馬にぶつけられ内へ押し込まれる。

更に内の馬と接触し大きく態勢も崩し、フォームがバラバラ...

そこから並の3歳馬なら戦意喪失してしまうところだが、

ここから態勢を立て直し馬場の真ん中をヤネが必死に追うと

それに応えるようにグイグイと伸び、

最後は差し切って勝つあたり、相当の能力の持ち主。

直線入り口でギアチェンする時に不利があり

ロースタートの仕切り直しで、直線あの伸び。更にその精神力。

敵は同じクラブに存在したのでしょうか?

まだ500万下特別を勝っての2勝馬だが間違えなくクラシック級です。

この後、あの不利で馬体に異常がなければ、毎日杯あたりの出走か?

状況を見て、抽選突破で皐月直行もありえそう...

同じクラブでわざわざ、スプリングステークスにぶつけるとは思えません。

もし、皐月賞に出走できなくても

ダービーではかなり怖い存在である事は間違えないでしょう。


続いて弥生賞のビクトワールピザ。

道中、内で抑えて脚を貯めながら進む。

4コーナーも最内で回り。直線に向いても前が壁となる。

ヤネの手網は余裕も坂中まで壁が続き、抜け出せないのでは?と思ったところを

先に抜け出したエイシンアポロンの外に空間ができ

鞍上のGOサインで、アッという間にエイシンに並ぶ間もなく差し切り、

更にゴール前は抑える余裕の勝利。

着差以上の今年初戦を見事余裕の勝利で飾りました。

初重馬場、初競馬場、初輸送を難なくこなし

直線、前が壁になるところを冷静な判断で慌てる事ないヤネ。

やはり、皐月では相当手強い相手になりそうです。

年が明け、確実に成長している姿が見えました。

強敵は、角居厩舎の2頭でしょう。

ローズキングダムも先週水曜の2週前の追い切りで

80.3-63.9-49.9-37.2-12.2秒馬なりと順調。

今週の追い切りで仕上がるのではないでしょうか?

まずは、スプリングステークスで4連勝を決めて頂き、

無敗で皐月賞に挑んでもらいます。

そして、皐月賞で角居厩舎の2頭を撃破してくれる事でしょう。

ところで、同じ角居厩舎のバルトーロはどうしたの?って感じです。

とりあえず、菊花賞の秘密兵器?

それとも、ダービーで角居三銃士の1頭になれるのか?

今年の3歳牡馬は、非常にレベルが高い好素質馬揃い。

その世代の頂点になる事に意義がある?
00:00  |  雑談  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://leon0422.blog105.fc2.com/tb.php/766-99dbbdf5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |