○ フレーバーティー引退... ○
10.02.02.04
急な出来事で...
一昨日の調教中にバランスを崩して右後肢を落とすアクシデントがあり

股関節を痛めている可能性があるとの診断でしたが、

余りの重症な状況で引退が決まりました。

先月の29日に帰厩し、体調も良く今週か来週の中京に出走予定の矢先の出来事です。

本当に競走馬はいつどのようになるかわからないものです。

無事に完治して、繁殖になれる事を願います。

以下 クラブコメント

おととい(火)の普通キャンターでの調教中にバランスを崩して、右後肢を落とすアクシデントがありました。このアクシデント後は右後肢を力強く地面に着けない状態で、球節を中心に都合3度にわたるレントゲン検査を行いましたが、骨折などの異状は確認されませんでした。発症後3日間が経過したきょう(木)の状態も、右後肢は地面に着けてはいるものの、力を入れて踏ん張れない状態です。ここまでの経過からJRA獣医師がいうには、脚元にはどこにも熱感がないことから骨折ではなく股関節の捻挫が疑われ、それもかなり重症であるとの所見でした。当面は安静が必要となり、笹針などの荒療治を施したとしても、過去にナリタブライアンやミホノブルボンなどの名馬もこの股関節の捻挫が原因で引退に追い込まれており、完全復帰となるといつになるのか、はっきりメドがつかないのが正直なところです。このような現状から総合的に判断すると、このままでは維持費出資金等の会員様のご負担ばかりが大きくなってしまうことから、水野調教師とも協議の結果、本馬の現役引退させることと決定いたしました。会員の皆様にはまことに残念なことと存じますが、なにとぞご了承ください。なお、今回の引退に関しての詳細につきましては、後日書面にてご案内させていただきます。

[2010/02/04 13:00 ] | 愛馬 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<◇ 今週の出走 ◇ | ホーム | □ 2月の展望 □>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

まとめ