○ トップモーション ○
09.10.04.01
ラストチャンスを活かせず・・・
引退となりました g

以下クラブコメントです。

今週10月4日(日)中山・ダート1800m戦に55㎏横山典弘騎手で出走し5着、馬体重は前走から2kg減の508kgでした。五分のスタートから押して先行集団のインコースからレースを進めました。勝負所もインコース沿いをぬって進み、直線もじりじりと伸びましたが鋭い脚を使う事はできず、勝ち負けに持ち込むことはできませんでした。レース後、横山典騎手は「本馬はギアチェンジが上手でないため、ハナに立ってレースを進める予定でしたが、二の脚が使えず、先行するのが精一杯でした。ダートでの走りは問題なく、現状の本馬の実力は出せたと思います」とコメントしています。改めて和田調教師と相談した結果、現状では500万下クラスで戦うことは厳しく、このままでは維持費出資金など会員の皆様へのご負担が大きくなることから、本馬を引退、繁殖入りさせることといたしました。会員の皆様にとりましては誠に残念なことと存じますが、何卒ご了承賜りますようお願い申しあげます。なお、詳細は後日書面にてご連絡いたします。

ダートがダメという訳ではなかったので、

牝馬なのですが、再ファンドを前提に地方転厩と思っていました・・・・

しかし、この良血でSSの血が入っていないこの子は牧場側からすれば

願ってもいない繁殖牝馬・・・

ましてや、この若さですから・・・y

ディープ、マンカフェ、スペシャル、ハーツ、フジキセキ等々・・・

SS系の一流所選び放題ですh

1年半前の春の牧場見学の時、厩舎長が絶賛していたのは・・・

なんだったのでしょうか?

確かに、同世代の馬たちと比べると抜けていた好馬体。

そして、調教も良いとなれば高評価=期待馬になるでしょう。

時折様子見に来ていた和田調教師もその気だったはずです・・・

育成時に評価の良い子は、競馬に行くと難しいですねk2

まぁ~これが競馬の難しさと改めて痛感させられました・・・

これで、トップモーションは、競走生活にピリオド・・・

ストップモーションになりました・・・a

でも、第二の繁殖生活に入り、

今度こそトップモーションになってもらいたいものですz

3年後クラブで募集されるような事になれば出資もしてみたいですね。

[2009/10/05 14:00 ] | 愛馬 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<○ Qちゃん ○ | ホーム | ◇ 今週の結果 ◇>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

まとめ