馬との喜怒哀楽な日々.... 

厩舎
暑いしか、言えない。
ノーザンファーム早来は、案内スタッフの車で同乗して見学するので

厩舎に着く度にエンジンを切る。

車が蒸し風呂状態の繰り返し。

暑いしか言えない状態でした(苦笑)

厩舎を移動して野崎厩舎へ。

ここにはタッチングスピーチ

タッチングスピーチ


春は今ひとつの戦績で放牧。

今週からようやく乗り出すか?というニュアンス。

馬体重は500㌔オーバー。

休んでますって感じで大人しかったです。

タッチングスピーチ (2)

秋は凱旋門に登録はしたものの、行きませんので

京都大賞典くらいからの復帰でしょうか?

昨年の屈辱を晴らすエリ女が大目標となりそうです。



ここは1頭で厩舎を移動して木村厩舎へ。

ここは3頭でまずはインペリオアスール

インペリオアスール

何故か厩舎内での見学でした。

順調なようですが、もう少し乗り込みが必要らしい。

インペリオアスール (2)

こちらも父がエンパイヤメーカーですが

芝?ダート?どちらもというお答え?

これまた走って見ないとわからない。

それでもディープスカイの下だけに期待度も高い。

まずは順調に。



向かいの厩舎に移動してシルバーステート

シルバーステート (2)

馬はすごく元気なようです。

ここは焦らずじっくり待つしかありません。

シルバーステート (3)

屈腱炎の軽かったワールドインパクトさえも

ようやく再来週復帰できそうなくらい時間がかかりました。

後1年半は無理なような気がしますが

気長に待ちましょう?

私の中では幻のダービー馬ですから。



そして最後はスカーレットレディの15

スカーレットレディ15

すでに初期馴致を行っています。

トモのハマりが良く稼働域も広く良いと

スタッフは褒める。

スカーレットレディ15 (2)

鼻の白い模様は兄キングスエンブレム似。

父エイシンフラッシュは見た目の良い仔を出します。

一昔前のシンクリのように。

この仔、意外に期待できるような気がしました。



という事でノーザンファーム早来は8頭の見学で終了!

月曜日は調教師、馬主さんもいらしゃるので牧場も忙しそうでした。

忙しい中、ご案内ありがとうございました。

次は来週かな?
2016.08.10 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://leon0422.blog105.fc2.com/tb.php/1880-9f4c1313