○ 真夏の牧場見学 NF前編 ○
IMG_4464.jpg
暑さも絶好調!
3時過ぎにノーザンファームの到着!

外でタオルを巻いている方が今回のご案内の方のNさん。

最後の訪問先で暑さと疲れがピークなのだが、

あの弾丸トークで更に・・・。

ご挨拶をして、すぐに見学へ。

今ノーザンファームは周回トラックを広げ屋根をつける工事をしております。

また、以前あった森下厩舎の跡地にまた新しい厩舎を新築中。

新しい厩舎長が誕生か?

勢いのある牧場は次々と進化しており、社台ファームとの差を更に広げる?


まずは横手厩舎へ。

ここのは牡馬2頭。

まずは2歳牡馬ラヴィエベール

ラヴィエベール

春より体高が伸びたように感じる。

なので、トモの薄さも気になる。

もう少し幅が出れば良いのだが。。。

ラヴィエベール (2)

15秒程度の坂路調教を行っているそうです。

飛びが大きく、綺麗な走りをするようですが

まだトモの筋肉が足りず。。。

もう少し筋肉をつけてから、入厩か?

アストラムエンブレムとの比較を聞きましたが

タイプが違い過ぎると・・・・。

この間にもNさんトークは炸裂中!


続いて4歳牡馬ワールドインパクト

ワールドインパクト

流石、古馬の風格!

春先よりもだいぶ絞れた感も、まだまだ太い。

ワールドインパクト (3)

こちらも15秒程度の坂路調教。

今の所、足元に不安はなし。

早くても入厩は暮れ?

多分、年明けになるのかな?

この馬はクラス編成1000万下の条件馬。

今年の分は来年の活躍を期待するしかない。


ここは2頭で林厩舎に移動。

移動中の車内ではシルバーステートの話。

「あれは凄いよ〜」ってNさん。

「でもねぇ〜新馬を勝ってればぁ〜」

「セレクトで弟のお値段がもっと・・・・。」

『でも、負かしたのはノーザンのセレクトの馬ですけどね』

「牧場としては複雑だねぇ〜」


林厩舎では2歳牡馬3頭。


まずはレッドゲルニカ

レッドゲルニカ

570㌔くらいの大型馬。

17秒程度の坂路調教を行っているが、

春先から、どうも足元が弱い。。。

レッドゲルニカ (2)

大きな体に対して、足元がついて行っていない感じらしい。

ダートでかなり楽しめそうだが、

まずはその不安を解消して入厩か?


続いてマージーサイト

マージ―サイト

15,6秒の坂路調教。

これから、更に強調教を行うようで、9月の入厩を目指すとか?

北海道か?南関か?まだハッキリしていないようです。

マージ―サイト (2)

『能力的にはどう?』の問いに

スタッフは「地方ならかなり上でしょう」と。

まずは無事に入厩か?


続いてサンクロア

サンクロワ

煩くなるので、厩舎内での見学。

函館でゲート合格後、一旦放牧。

札幌で空きが出ればデビューも?と言ってましたがもう無理では?

サンクロワ (2)

『春先には、シルバーステート並みと言っていたが、どうなの?』

シルバーステートとは言わずも、走りますよ、この馬」

「ハービンジャーというより母のサンデーが強くていいですね」

意外にも評価は相変わらず高いのこの仔も期待したいですね。

見学終了後に厩舎長登場!

シルバーステートのお礼を言うと

『珍しく、藤原先生が興奮して話してたよ〜』

『あれは来春楽しみだね』

「で、サンクロワは、走る?」

『あれも走るよ。いいねぇ〜 期待して』

あらら、そうなの?

これが本当ならウルトラバロックを含め、今年のG1TC2歳牡馬いい感じ。

少しはクラブに勢いがつくかな?

でも、全て追分F産じゃないんだよねぇ〜。

ここは2歳牡馬3頭で野崎厩舎に移動。
[2015/08/10 10:00 ] | 牧場 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<○ 真夏の牧場見学 NF後編 ○ | ホーム | ◇ 今週の出走・結果 ◇>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

まとめ