08.10.28.00.00

非常に残念....


エリザベス女王杯出走に向けた最終追い切りを12日に行ったが、その後鼻出血が確認された。「追い切り後に鼻出血が見られたので診療所で獣医に診てもらいましたが、肺出血の疑いがあるとの診断結果が出ました。すでに出血は止まっており、症状は軽いものですが、これだけの馬だけに無理をさせることはできません。大変残念ではありますが、今後のことも考え、大事を取って出走を回避することにしました」(角居師)16日の京都競馬(エリザベス女王杯・芝2200m)は回避し、立て直しのため、近日中に放牧予定。(クラブコメントより)

鼻出血の為、今後のことも考えてのようです。

今回は、巻き返してくれると思っていただけに非常に残念です.....

しっかり立て直して頂き、復帰戦に期待します!
愛馬 | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
とても残念です
コンバンハ、レオン♂さん。

お気持ちお察しします<(_ _)>。
外回りになり、トールポピーの持ち味が活かせる舞台だ
と思っていました。G1の舞台で走り続けていた疲れが出
てしまったのでしょうか?!。疲れをしっかりと癒して
また!元気なトールポピーで戻って来てくれること祈っ
ています。

レオン♂さん、元気を出して下さいね<(_ _)>。
残念です...
こんばんは、カリンさん。

いつもお気使いすみません...
ポピーの巻き返しを期待していたエリ女でした。
確実の体調が上向き、条件も外回りでこの向きでしたので非常に残念です。
でも、まだ先のある仔ですからしっかり癒して復帰してほしいです。
お悔やみ申し上げます
ポピーのエリ女回避は出資者ではない私も、巻き返しを期待していただけに非常に残念です。
ましてや、レオンさんをはじめ、出資者の皆さんの無念さは、計り知れないものと、心中お察しいたします。
まだ若い彼女ですから、きっと回復し、また勇姿を見せてくれることを信じております。
今は、ゆっくり休ませてあげ、一日も早い回復をお祈りしております。
残念です...
こんにちは、イヴォンヌ さん。

ポピー非常に残念ですが、仕方ないですね。
まだ3歳馬ですのでこれからの方が大事ですから...
しっかり休養して頂き、一回り成長したポピーになってもらいたいです。
復帰戦を今から楽しみにしております。
お気使いありがとうございます。

管理者のみに表示