馬との喜怒哀楽な日々.... 

厩舎
ここには検討馬が2頭
厩舎を移動して牝馬の厩舎。

まずは検討馬パーソナルレジェンドの13

パーソナルレジェンドの13

先週母父オーサムアゲインの子、ルージュバックが

牡馬相手に強い勝ち方をしましたので尚更注目!

実馬は馬体は良いのだが、歩かせると前が硬い。

やはり兄弟と一緒でダートですね。

またダートなら佐々木厩舎というのが微妙・・・。

とりあえずはそのまま様子見。

続いてラスリングカプスの13

ラスリングカプスの13

夏の見学後にポチった子。

良い感じに成長しています。

でも、残口まだまだいっぱい。

高齢の母が嫌われているのか?

社台RHと斎藤厩舎の相性が嫌われているのか?

それともステゴとミスプロが嫌われているのか?

実馬はステゴの牝馬なのに、気性が良く全く心配ない模様。

スタッフはもしかしたら、力強い動きなのでダートかもと・・(苦笑)

アストンマーチャンの妹なのに?って感じですが。

順調に進んでおり、楽しみな一頭です。

続いてドバウィハイツの13

ドバウィハイツの13

相変わらず筋肉質の好馬体は目を引きます。

兎に角バネが良いとの事。

ただ、馬体重が一向に増えません。

この日で404㌔。

カイバは相変わらずモクモク食べるようですが。。。

早生まれなので、これから余り増えないかも?

この前、マツパク先生が来て機嫌良くして帰った模様。

早めの入厩を目指すようです。

続いて、検討馬ビジュアルショック13

ビジュアルショック13

ディープ産らしい、ディープの牝馬らしい。

東京や京都の良馬場なら良いけど、

ちょっと荒れた馬場なら・・・・。

という感じらしい。

ちょっと悩みますね。

もう少し様子見したいが

残口わずかですから、満口になったら諦めか?

厩舎を移動して

ここは1歳牡馬1頭でヘブンリーソングの13

ヘブンリーソングの13

こちらも初対面。

見栄えする迫力のある馬体。

兄ズンダモチは九州大賞典を勝ちました。

距離が2500mなのに。。。

兄は脚がかなり曲がっていたとの事。

なのでこの子方が断然良いようです。

ダートの短距離で活躍する姿が今から楽しみ。

という事で社台ファームは1時間ほどの見学で終了!

この後はノーザンホースパークへ。

ノーザンファーム前編に続く。
2014.11.13 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://leon0422.blog105.fc2.com/tb.php/1679-af00627f