馬との喜怒哀楽な日々.... 

社台ファーム
陽はでてるのに暖かくならず。。。
10時30分に社台ファームに到着。

到着後すぐに見学へ。

今回は検討馬2頭を含め10頭の見学。

そして、ご案内の方はいつものNさん。

まずは1歳牡馬トップサンキストの13

トップサンキストの13

ようやく、社台の調教に慣れて来たとの事。

2、3週間前までは、まったくついて来れなかったようです。

逆に言えば、ここ2週間でかなり成長したという事ですね。

馬自体は何も問題なく順調。

遅生まれなので、これからでしょう。

厩舎を移動して、ここは4頭の1歳牡馬。

まずはディソサードの13

ディソサードの13

順調です。

姉のリヴェールの当時と比べると出来は落ちるとの事。

リヴェールは体は小さかったが背中、腰に力があったらしい。

スウィフトカレント産の中ではかなり良いとはいうものの

サンプルが少なすぎますから(苦笑)

ただこの馬も遅生まれなので、これからでしょう。

続いてレンⅡの13

レンⅡの13

ピサの産駒は、牡牝共に扱い易いとの事です。

この前、マツクニ先生が見に来て

1歳のこの時期に、○○△△後筋がこれだけ強い馬は珍しいと

かなり、お気に入りだった模様。

何回も聞いたのですが忘れました^^;

つまり、腰と背中の筋肉が強いと言う事らしい。

毋は高齢ですが、馬の出来は良さそうで期待できそうです。

続いてウィッシュの13

ウィッシュの13

ハービンジャー×ディープインパクトの仔。

ハービンジャーらしくないですよねぇ〜の問いに

いやいや、派手な顔と尾のメッシュはハービンジャーの証らしい。

でも顔の大きさは普通です。

歩かせると、まだ緩いものの前脚がスッーと伸びて

歩く姿は素晴らしいの一言。

これまた期待できそうな一頭です。

来年はハービンジャー産駒は高くなりそう?

続いてマウンテンエンジェルの13

マウンテンエンジェルの13

雄大な馬体が目を引きます。

調教では、兎に角まっすぐ走って来るようです。

調教でまっすぐ走る馬は競馬で走るとか?

扱い易く、人間を信用仕切っていると言います。

姉は未勝利で終りましたが、この馬は良いと。

4頭を見終えて、Nさんがスタッフに

この4頭の中で一番はのお気に入りはどれ?と聞きますと。

ウィッシュの13だそうです。

厩舎を移動。

社台ファーム後編に続く。
2014.11.13 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://leon0422.blog105.fc2.com/tb.php/1678-4065ee9b