馬との喜怒哀楽な日々.... 

桜散り過ぎ。。。
午後10時のG1の結果通知発表には観覧できたが、
11時前から社台Gの方は全く開かず。。。
無理と思い13時過ぎに再度挑戦も無理。。。
14時過ぎにようやく見る事が出来ましたが。。。
結果から申しますと、社台Gが余りにも悲惨な結果で言葉も出ません。
ドバウィハイツの13は当選しましたが
肝心のレーヴディソールの13がハズレ。
一昨年のポルトフィーノの11の取消から
運気が下降というか。取消=実績も取消が不幸の始まりです。
巷の噂では中間発表後、票数はそんなに伸びなかったが高額者が。。。。
という話もチラホラ聞こえていたので、正直半分諦めていました。
もしかしたらラッキーナンバーも有りかな?とか・・・。
それで、時間をかけて見た当選発表を見た時のショックな事。。。
レーヴ一族とは縁がないのでしょう。
まぁ〜仕方がないですね。でもこの子はほんと欲しかった。
第二、第三のロジャーズスーの13は当選も
これまた肝心のファーストバイオリンの13がハズレ。
ファーストが外れてもウィキッドリーパーフェクトの13が当たると踏んでいたが
それも外す。。馬券と一緒で予想が全く当たりません。
これを第二にしていれば。。。と思うと悔しい過ぎ。。
更に押えのはずのサザンフェアリーの13も外す最悪の結果です。
とりあえず地方のタイキポーラの13は当選です。
インターネット投票で票が読み辛い中、欲は強いのでこの結果です。
当初は実績が降下しているので安パイ馬でいく予定も実馬を見ると
変わってしまいます。
来年はツアーなしの方がいいのかな?
ほんと下手な今回の社台Gドラフトでした。
一方G1は、全て○の当選。そして昨日の残口馬を見て
口があんぐりというか?ちょっとドキドキしてました。
死票と思ってヤケクソ状態のダメ元で26日のギリギリに再度ポチった
第二のシルヴァースカヤの13が残口あり。
社台Gが全部当たってたら、今年はキャロ、シルクが半減状態になる。
これが不幸中の幸い?となりました。
しかしこちらは高額馬がゴロゴロ余っている状態。
正直こちらも票が読み辛かった。
さて社台Gの実績が更に下降。
2次募集は実績作りのためにどの馬に行けば良いのでしょう。
全く予想外の結果で、疲れがドッと出ました。
今年も、ほんと下手な社台G&G1ドラフトでした。
それとも潮時なのか?

追記 ラッキーナンバーが6らしい。
名義を逆にしていたら当たっていたので尚更凹む。。。



社台・サンデー


第一希望馬

レーヴディソールの13 ×

ドバウィハイツの13 ○



第ニ希望馬

ファーストバイオリンの13 ×

ロジャーズスーの13 ○



第三希望馬

ウィキッドリーパーフェクトの13 ×

サザンフェアリーの13 ×



地方


第一希望馬

タイキポーラの13 ○





G1


第一希望馬

タンタスエルテの13 ○

レンⅡの13 ○



第ニ希望馬

マウンテンエンジェルの13 ○

シルヴァースカヤの13 ○



第三希望馬

データの13 ー
2014.07.04 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://leon0422.blog105.fc2.com/tb.php/1609-2fc34eee