○ 真冬の愛馬見学 NF前編 ○
NF_2014021714273144b.jpg
雪が止んだ
除雪車がまだ入っていない、NFイヤリング前の吉田道を通り

10時にNF早来へ。

出迎えてくれたのは、これまた久々のNさん。

相変わらずN節健在です。

「空港で沢山見てきたんでしょ」から始まり

「うちにいるディ−プは良いよ」と褒めちぎる。

まずは日下厩舎へ。

こちらは牝馬3頭。

まずは、リンガフランカ12

リンガフランカ12-1

N「これチチカス面白く良い馬だねぇ〜」

セレクト上がりで、バランスもGood!。

募集時より幅が出て、更に良くなってます。

まだ腰高だけに、まだ大きくなりそうです。

リンガフランカ12-2

調教も坂路15秒も行っており、順調そのもの。

チチカスも2年目で、それなりに成績を残してきただけに

後は武藤厩舎次第でしょうか?

厩舎を向いに移動して

2歳牝馬の超期待馬リッスン12

リッスン12-1

N「何にも不安が無く、順調だよね」

スタッフに

「厩舎の1番の期待馬じゃないの?」

スタッフ「はい。厩舎1番の期待馬です」

と褒めちぎる。

リッスン12-2

これまで、不安な事がなく扱い易い。

更に学習能力も高い。

気性も素直で、テンションは高くならず。

レオン♂「第二のジェンティルドンナかな?」

N「あれは空港の馬だけどね。そうなればいいね」

これだけ褒めちぎって、そんな程度?

そうは言っても王道デビューから、クラシックの夢が広がります。


続いてディアデラマドレ

ディアデラマドレ-1

すでに乗り始めています。

記憶が正しかったら坂路も乗られてるとか・・・

ディアデラマドレ-2

レオン♂「ヴィクトリアMに出られる?」

スタッフ「それを目標に仕上げてます」

府中のマイルで見たい、見たい。

という事は準オープン馬なので

4月中旬にはレースに出ないと無理じゃないかな?

順調なようで、このまま来月末には帰厩して欲しい。


厩舎を移動して野崎厩舎へ。

ここにはハービンジャー2歳牝馬2頭。

まずはラフェクエール12

ラフェクエール12-1

馬体重が400㌔そこそこ。

初子だけに小さいですね。

数字だけ聞くと小さく見えますが

実馬は、それより一回り大きく映ります。

ラフェクエール12-2


気性も素直で扱い易いとの事。

順調で、もう少し馬体重が増えれば言うことなし。


続いてクラウンピース12

クラウンピース12-1

こちらは460㌔台だったかな?

リーチザクラウン以来の仔。

クラウンピース12-2

順調、順調で坂路16秒くらいで乗られているらしい。

まだまだ良くなるとスタッフは言います。

それにしても、ハービンジャー産駒は

募集時から比べるとかなり変わります。

募集時はゴロンとしていましたが

調教が進むにつれて、ガッチリした馬体に変貌?

それと顔がデカイ。

こちらもまずは皆順調に。

厩舎を移動。。

NF後編に続く。。。






[2014/02/19 00:00 ] | 牧場 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<○ 真冬の愛馬見学 NF後編 ○ | ホーム | ◇ 今週の出走・結果 ◇>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

まとめ