馬との喜怒哀楽な日々.... 

1週目の結果次第で
今月も残す所後、今日を入れて後2日。明後日で2月になります。寒い寒い2月です。でも競馬では良い意味で熱くなりたいもの。在厩馬が只今19頭。先月より1頭程減ってます。その状況の中で2月は1週目が勝負の週となりるでしょう。ここで良い結果を出せれば来月、再来月に楽しみが増え、そして期待が膨らむ月となりそうです。その1週目には3歳馬リグヴェーダがきさらぎ賞に出走予定。京成杯を回避の後の一戦。まだ一戦とキャリアは有りませんが、それ以上の素質、能力でここは勝って春のクラシックへ。そして東では、トライアンフマーチが東京新聞杯に出走予定。前走京都金杯ではトップハンデの中での2着。今回は斤量が2㌔減。今回こそ初重賞制覇を期待します。また3頭の準オープン馬ナイトフッドメジャーアスリートエキストラエンドと3頭とも勝ち負けを期待し3頭揃ってオープン馬になって頂きたい。キングスエンブレムが佐賀記念に出走予定。ここは叩き2走目。2つ目のタイトルゲットを。3歳デビュー組では、クルトメッシュコメットシーカーがスタンバイ。2頭とも期待馬だけにデビュー勝ちの期待が大。その他ではハーコットが小倉遠征で確勝を期すはず。またジャスティシアが昇級戦だが連勝まで期待。アロヒラニも出走できれば勝ち負け。3歳未勝利馬からはオクターブユニゾン、イニシャルダブルハーデス。相手次第だが初勝利を期待したい。2月の結果次第で春の行動が大きく変わります。上手く行けば大量勝利も。しかし毎回期待を裏切られますが....。今年こそは違う所を見せて頂きたいものです。
2013.01.30 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://leon0422.blog105.fc2.com/tb.php/1416-c1a327d4