○ 真夏の愛馬見学 早来F編 ○
早来F
NHPで昼食を取り、いざ早来Fへ。
1時20分頃のちょっと早い到着!

今回のご案内の方は女性スタッフ。

NFで女性スタッフの案内であまり良い経験がないのでちょっと嫌な気分?

まずは、分場の方へ移動。

厩舎に着くなり、

「ここに厩舎なんてありました?」

『馬が増えたので、3年くらい前に出来ました』

社台グループは、本当にどこの牧場も厩舎増。


ここは1歳牝馬ゴールデンドックエーの11

ゴールデンドックエーの11-1

バランスの取れた良い馬体。

早生まれながらも、まだ腰高でまだまだ成長しそうです。

ゴールデンドックエーの11-3

『募集は人気ありましたよねぇ~』

「そうですねぇ~。でもこの父の産駒欲しかったので・・・。」

「ただ、まだスマートストライクの牝馬が結果でてないから」

『この子は、スマートの仔らしくなく体高もあるし、歩間も大きく走ると思います』

『母も初仔ですが、かなり繁殖能力が高いと思います』

へぇ~、結構物知りじゃないと肝心。

今までの女性スタッフと全然違いました。

これは失礼しましたm(_ _)m

ゴールデンドックエーの11-4

「歩く姿もバネがあり、魅力ありますねぇ~。」

『松田先生もかなり期待しているようですよ』

「そうなの?でも、同じ世代に協力ライバルがいますから」

『それでも、引けはとらないとか?』

「ふ~ん、期待しちゃおう」


312.jpg

そして、ここに子猫ちゃん2匹。

兎に角、人に懐っこい。

足に纏わり付き、すぐにお腹を見せます。

314.jpg

そして馬が歩いてきても、避けません(汗)

『近所の猫なんですが、住み着いて。。(苦笑)』

『何度も馬に蹴られているのですがねぇ~』

そう言いながら、抱っこして避けるスタッフ達のアイドル的な猫でした。

厩舎を移動して、

ここには、ルミネンスの11

ルミネンスの11-1

初めて実馬を見ます。

う~ん、予想以上に大きい。

胴長、トモの大きさは抜群。

『当歳の時からトモの張りは抜群でした』とスタッフ。

「今何㌔ですか?」

『470㌔です。』

募集時から30㌔増。

「550㌔くらいになりそうですかねぇ~?」

『早生まれなので、そんなには?500㌔くらいでは?』

「社台育成ですよねぇ~」

『あっ、社台ならもう少し大きくなるかも?』

ルミネンスの11-3

「ダートですかねぇ~?」

『ダートは確実に走ると思いますが芝でも良いと思いますよ』

ルミネンスの11-4

う~ん、迫力がありお尻が大きく好きなタイプです。

育成が楽しみですね。

事務所の方の厩舎に移動。

ここには1歳牝馬キャッシュインクルーデッドの11

キャッシュインクルーデッドの11-1

名前が長すぎ(苦笑)

差し毛が入っており、所々に白い毛。

予想していた前傾も、それほどまででも無し。

そしてまだトモ高だけに成長するでしょうから。

キャッシュインクルーデッドの11-2

「何㌔ですか?」

『462㌔です』

こちらも30㌔増。

まだまだ成長しそうです。

「ダートですかねぇ~?」

『馬格があるから…』

キャッシュインクルーデッドの11-4

この派手なお顔。

稲妻模様?ちょっと違うか?

見学の時から、ずっと目線が遠くに。

『放牧している仲間を見ているのです』

私も早く行きたいという感じだったようです。

それでも煩くしない仕草は、牝馬にしては我慢が利くのでしょうか?

ここでキャロ募集を聞いてみました。

愛馬の仔ウエスタリーズは、坂東牧場にいるようなので分からず,...。

先週重賞を勝ったフラガラッハの半弟は、ちょっと幅が薄いようです。

そんな感じでここ早来Fは3頭の見学で終了。

ノーザンファームへ。
[2012/07/27 10:00 ] | 牧場 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<○ 真夏の愛馬見学 NF編 ○ | ホーム | ○ 真夏の愛馬見学 社台F編 ○>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

まとめ