○ 真夏の愛馬見学 追分F編 ○
追分F
霧なのか?小雨なのか?
10時少し前に追分ファームに到着!

すぐさま、厩舎へ。

ここには1歳牡馬2頭。

まずは、テイクミーハイヤーの11

テイクミーハイヤーの11-1

メジャーらしい、筋肉モリモリの馬体。

馬体重は440㌔だったような?

「これなら520㌔くらいになりそうですね」

『いや~、この母系は馬体重の成長がいきなりストップするんですよ』


『母親が小さかったからなのでしょう』と案内の方が言います。

『だから、470~480㌔あたりじゃないですか?』


テイクミーハイヤーの11-2

「何故に?洋吉先生?」

『わかりません…』

「・・・・・」

『この馬体ですから、ハードの調教でも大丈夫でしょう』

「まぁ~、それを理解しての出資なんですが...。」

テイクミーハイヤーの11-5

姉はクラシック出走の為に無理な出走を余儀なく。

馬格がない分、無理が祟りました。

でも、この馬体なら百戦錬磨のような気もしますねぇ~。

早い内から、デビューし活躍してもらいましょ。


続いて、サザンフェアリーの11

サザンフェアリーの11-1

こちらも、先ほどのテイクミーに似たどっしりの馬体。

遅生まれの分、多少小さいがそれでも420㌔台。

こちらは多分、優に500㌔を超えて来るでしょう。

サザンフェアリーの11-2

『募集の時は人気がありましたねぇ~』

「そうですねぇ~。」

「でも、もう少し値段が安く、そして厩舎が角居厩舎なら、

もっと人気だったでしょうねぇ~」

スタッフは苦笑い....。

サザンフェアリーの11-5

兄は先週惨敗...。

それでも兄は予想以上に走ったとの事。

セレクト上がりなのに...予想以上??

弟もそれ以上の活躍を期待したいが...。


似たタイプの2頭。さて出世するのはどちら?

ここは2頭で15分程の見学で終了。

社台ファームへ。
[2012/07/26 10:00 ] | 牧場 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<○ 真夏の愛馬見学 社台F編 ○ | ホーム | ○ 真夏の愛馬見学 追分FLV編 ○>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

まとめ