○ ピースエンヴォイ ○

2012/05/25 Fri 00:00

骨盤骨折により競走能力喪失で引退...。
ピースエンヴォイに臨時近況更新がありました。

昨年秋の馴致開始以降、熱発や外傷などのアクシデントで騎乗調教を休んだこともありましたが、年明けからは周回馬場でハロン17~18秒のキャンターという通常メニューに戻して乗り込んでいました。ところが、3月下旬になって突然首をかしげた感じになり、歩様にも違和感が出たことから、騎乗を休んでマシン運動のみで様子をみることにしました。その後4月26日になって、今度は両方の後肢(腰)の歩様が著しく乱れたため、痛み止めの処方を施して、以後はずっと舎飼で経過をみてきました。それから約1ヶ月が経過した現在でも、依然として症状が改善されてこないことから、5月22日に保険会社指定の獣医師の診断を受けることになりました。その結果、現在の状況から骨盤骨折であることは間違いないとして、最終的に競走能力喪失との診断がくだされました。おそらく首に異状が出た時点で、寝違いのアクシデントがあって、骨盤にも損傷が及んでいたものと推測されます。競馬場でのデビューを迎えられないままの引退となり、まことに心苦しい限りですが、500kgにもなる巨体の競走馬ゆえの事故でもあり、何卒ご理解を賜りますようお願い申しあげます。



との事...。残念です。

昨年の社台Gドラフト第二次戦で奥様が獲得した愛馬。

しかし、育成当初からアクシデントの連続でした。

でも、こんな結末とは予想もしなかった。

保障制度も廃止となり、これが高額馬なら思う次第。

この社台G募集前での、この引退は色んな意味で非常に痛手。

考えさせられます。

今年は少数精鋭に切り替えの時期なのかもしれません。
愛馬 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
ピースエンヴォイ
どんな走りをするか見てみたかったので残念です。 レオンさんには色々な情報を提供していただき有難うございました。 又、ご縁がありましたなら宜しくお願い致します。
ピースエンヴォイ
◆こんばんは、出資者さん。

残念としか言いようがないです。
素質はあると毎回牧場では言われただけに...。
この鬱憤は今年の募集馬で。
またご一緒したいですね。

管理者のみに表示