◯ マゼラン ◯
屈腱炎で引退…
先週のレース後、違和感を感じ検査したところ屈腱炎が判明…。


日経新春杯後に脚元に違和感を感じるようになったため18日にエコー検査を行ったところ、左前脚に屈腱炎を発症していることが判明しました。「鳴尾記念の時もコーナーごとに内にササッていましたが、今回はレース前半からモタれつつの走り。どこか苦しいところがあるのではと心配していたのですが、トレセンに戻ってきて歩様を確認すると両前脚に疲れが感じられました。これはおかしいと思い、エコー検査を行ったところ、左前脚の腱に損傷があることが判明しました。右前脚の屈腱炎で長期休養を余儀なくされた馬ですし、500キロを優に超える大型馬だけに一戦一戦が勝負と思って挑んできましたが、以前傷めた箇所と反対の脚の怪我とあって、これ以上苦しい思いをさせるのも馬に申し訳ないと判断しました。厩舎にとっては非常に思い入れの深い血統で、3歳時には大きな舞台も意識させてくれた馬。骨折、屈腱炎と2度に渡る長期休養がありながらもオープンクラスまで上り詰めた根性は我々にとっても勉強になりました。会員の皆様には、ご期待に沿うことができず本当に申し訳なく思っています」(角居師)当クラブの看板血統と言えるポトリザリスの子で、3歳時には青葉賞に1番人気で出走するなど大きな夢を見せてくれたマゼラン。骨折、屈腱炎と2度の大きな故障がありながらも復活し、ことに1年4ヶ月ぶりにの出走で見事勝利を挙げた昨年の尼崎Sは忘れることができません。年齢のわりにキャリアは浅く、今後も活躍が期待されましたが、箇所は違えど残念ながら2度目の屈腱炎を発症してしまいました。復帰の道も探りましたが、両前脚への負担を考え、角居勝彦調教師と協議を行った結果、近日中に中央競馬登録を抹消することになりました。会員の皆様にはまことに残念なことと存じますが、何とぞご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、本馬に出資されています会員の方へは、追って書面をもってご案内いたします。



オープンに昇級してから、なかなか結果がでなく明け7歳馬ながら15戦と戦績数は少なく馬体は若いのですが何せ牛のような体重が活躍を邪魔していたのでしょう。ポトリ一族でも異端児だっただけに愛着が強いです。このあとはどうなるのか気になりますが、まずはお疲れ様の言葉を捧げます。
[2012/01/18 21:00 ] | 愛馬 | コメント(4) | トラックバック(0)
<<○ 真冬の愛馬見学 追分FLV編 ○ | ホーム | ◇ 今週の出走・結果 ◇>>
コメント
お疲れ様 ですね
レオン♂さん、こんばんは。

マゼランの引退が発表されました。
大型馬で、常に脚元に不安を抱えながらの
出走でしたが、今までの頑張りにお疲れ様の
言葉を送りたいと思います。
なかなかの個性派で、勝ったレースでの迫力と
インパクトは素晴らしいものがありましたね。
私も非常に愛着が強いです。
現地応援でワクワクした青葉賞が忘れられません。
[2012/01/18 22:14]| URL | トップガン #- [ 編集 ]
残念です
こんばんは、トップガンさん。

マゼランの引退が...。
寂しく、残念です。
牧場で一頭だけ牛がいましたから。
個性的な馬だっただけにポトリ一族の中でもこの馬すごく好きでしたから。
青葉賞の時は私も現地でレース前のワクワク感から落胆したレース後を想い出します。
お疲れ様と言いたいです。
[2012/01/19 18:20]| URL | レオン♂ #tHX44QXM [ 編集 ]
マゼランお疲れ様
レオン♂さん、潮来特別が忘れられません
武豊を背に、ただの逃げ切りではなくぶっちぎり~(春天行けると思った・・・)
今まで抽選でハズレた仔では、ポピーと並んで馬券を沢山買って応援させて頂きました^^
牛君ですが、無事に大人専用乗馬うまとなって欲しいと願います。
[2012/01/19 20:17]| URL | みどぐま #- [ 編集 ]
残念
みどくまさん、こんばんは。

マゼラン残念です。
すべてのパーツがでかく、馬ではなく牛でした。
そんな牛くんも潮来特別時の大差勝ちの時は春天を夢見てました。
あの時がピークだったのかもしれませんね。
武豊も好調だったし。
この後の馬生が気になりますが、まずはお疲れ様と労いの言葉を捧げます。
[2012/01/19 22:33]| URL | レオン♂ #tHX44QXM [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

まとめ