07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

アフロディーテ

2011.10.10 (Mon)

安楽死....

More・・・

土曜日のレースでゴールを過ぎてトモを落とした...。

とても嫌な予感をしていたが、

昨日のローズキングダムの復活Vの余韻でアフロの事は。。。

そして本日のクラブ近況の更新

「痛み止めでレース直後の対応をし、美浦トレセンまで連れて帰ってきていました。そのまま診療所の入院馬房にて経過観察を行っていました。痛み止めの効果から実際の状況を掴みにくくなっていたのもあり、落ち着くのを待ってタイミングを見てから体の上部も見ることができる大型レントゲンを撮ることになりました。昨日は安定していましたし、近いうちに確認できればと思っていたのですが、今朝8時すぎに立ち上がることができなくなってしまいました。おそらく右の大腿骨を骨折しているであろうということでした。大事な馬だし、後世に血を残さなければいけない義務もあっただけに、何とか繁殖にあげたいと思っていましたが、これ以上は馬を苦しめることになりますので、安楽死の処置を取ることになりました。本当に残念でなりませんし、本当に申し訳ありません」(藤沢和師)新馬戦では期待どおりの強い勝ち方をしてくれ、インパクトの大きさから一躍注目を浴びる存在となりました。クラシックの舞台を夢見て果敢に挑戦したフラワーカップ、巻き返しを図った3戦目はともに繊細な一面を見せ、ポテンシャルの高さは疑いようがないものの遅咲きの印象を受けたのも事実でした。その後は慌てず先を見据えて成長を促すことにし、夏を越しました。厩舎スタッフや山元トレセンの尽力もあり、成長したいい状態で復帰戦を迎えることができたのですが、残念ながらゴール板を過ぎてから故障を発生してしまいました。軽症であることを切に願っていたのですが、藤沢和雄調教師をはじめとする厩舎スタッフや診療所スタッフの懸命の介護も叶わず、本日アフロディーテは天に召されました。これから飛躍することでしたでしょう。そして偉大なる母レディブロンドの血を後世に伝えられないことが非常に悔やまれます。そして、会員の皆様にはこのような結果になってしまったことを深くお詫び申し上げます。なお、本馬に出資されている会員の方へは追って書面を持ちましてご案内いたします。



引退しても繁殖にあがれれば良かったのだが...。

天国の両親父アグネスタキオン母レディブロンドのところに行ってしまいました。

お疲れ様。ゆっくりと休んで下さい。
11:00  |  愛馬  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://leon0422.blog105.fc2.com/tb.php/1178-304ec037

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |