全治9ヶ月の診断で引退...。

右前脚の膝部分の骨折は、ボルトで固定することが困難な箇所ということで、JRAの獣医師より全治9ヶ月との診断が正式に下されました。これによって3歳未勝利戦の番組が組まれている期間内での復帰が不可能となったことから、加用調教師と協議した結果、残念ながら本馬をこのまま引退させることにいたしました。なお、詳細につきましては、後日書面をもってご案内いたします。



残念...。

本当に残念...。

再ファンドの言葉もない...。

命名者として、悲し過ぎます...。

フォルテベリーニの全弟として、期待はかなり高かった。

募集時の馬体もフォルテより遥かに良かった。

その分お値段も...。

でも、これも競馬なので仕方がないですね。

現実を受け止めます。
愛馬 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示