09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

□ 2010年5大ニュース □

2010.12.30 (Thu)

年末おなじみ...
レオン厩舎の今年の競馬を振り返っての5大ニュースです!


 レオン厩舎の2010年度5大ニュース


5.フォルテベリーニが屈腱炎で長期休養...

正月競馬で、中山のハードな障害コースを難なく2連勝した後、春最大の目標、中山グランドジャンプ制覇も現実的なものに成りかけた頃、屈腱炎となる。症状は軽いという事だったのだが未だウォーキングマシーンのみ。来年は9歳だが、まだまだ馬は若いのでこの悔しさは来年の大舞台で晴らしてくれると信じております。


4.オンファイア産駒の活躍!

愛馬オンファイアの初産駒が今年デビュ~。意外や意外短距離で活躍しておりビックリ!2歳馬は全兄ディープインパクト産駒の活躍が凄いですが、あれだけ良質の繁殖牝馬で走らないと困るのは生産者でしょう。その点オンファイアの繁殖牝馬は三流以下ばかりでこの成績は立派です。来年は重賞制覇する産駒も期待できそう。ちなみに勝利数で2歳リーディング18位。獲得賞金で20位でした。


3.トライアンフマーチが屈腱炎で長期休養...

昨年のクラシック後はマイル路線に変更し、確実に成績を残してきましたが、重賞制覇にもう一つ手が届かず....そして安田記念の激走から屈腱炎となる。程度はかなり重症なのだが、タイトルのないこの子は引退もできず再帰を目指す。来年の秋にはG1の舞台でタイトルを奪取している事を願う。


2.キングスエンブレムが復活そして重賞初制覇!

昨年6月から繋靭帯炎で休養していたキングスエンブレムは春に復帰するも2戦とも大敗....その後立て直し秋の復帰初戦で見事復活の勝利!そして続く2戦目には初の重賞制覇を成し遂げました。ジャパンカップダートでは気性面の悪さと連戦の疲れから結果を残す事はできませんでしたが、募集時から期待していた愛馬が繋靭帯炎から立ち直り、重賞制覇まで。嬉しいと感謝という言葉しか言えません。


1.ローズキングダムジャパンカップ制覇!

何と言ってもこの事が今年の一番です!後味の悪い勝利も騎手と馬は最後まで諦める事なく追い、そして走り3着のピザをハナ交わした所がゴール!このハナがジャパンカップ制覇に繋がったのです。繰り上がりと言え今と成れば立派な勝利!有馬記念のレースを見る限り、出走していれば2頭と互角に走ったのではないかと思っています。来年は、どの路線に向うのか?橋口先生の事だからドバイを狙うのでしょうか?この勝利により来年が更に楽しみな年になりそうです。

以上、今年の5大ニュースでした。

書いていると、いろんな事を思い出します。
でも、やっぱり今年はローズキングダム中心の一年。
来年もこの馬中心となるのでしょう。
できれば明け3歳馬も中心となる馬が出てきて欲しいです。
00:00  |  愛馬  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://leon0422.blog105.fc2.com/tb.php/1011-28ed8ef1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |